今回はいよいよイベントクエストの攻略についてです。

まず、イベントクエストには降臨と普通のイベントクエスト(以下イベクエ)の二種類があります。
二日間くらい開催されているのが普通のイベクエ。
パズドラでいうスペシャルダンジョンですね。
だいたい二時間から長い時で五時間くらいしか開催されないのが降臨。
パズドラでも降臨ってありますよね。あれみたいなの。
が、あります。

イベクエの方は難易度が三種類。

中級、上級、極

となっています。
大体ドロップ率は、中級で3~5%。上級で5~10%。極で30~40%程度と言われています。
ドロップするモンスターは基本的に★4のモンスター。
大体ガチャか降臨モンスターの神化素材になるパターンが多いです。
中には使えるモンスターもいたりしますね!


降臨クエストの難易度は

極、究極
もしくは超絶のみ


の三種類。
究極はノーコンするとボスがドロップします。
超絶や極はクリアしてもボスがドロップしないことがよくあります。
ドロップ率は極で30%前後でしょうか。
スピードクリアやノーマルボーナス、ラックボーナスも考えると結構落ちます。

そう、極で結構落ちるんですよ。










まず、最初に目指すのは極のクリアです。

リセマラでゲットしたモンスターがいるはずですね。
現在★5→6、若しくはディルロッテを持っていない人はガチャるかリセマラをおすすめします。
★6モンスターを持っている場合はそのモンスターが得意な属性のダンジョンの攻略を目指しましょう。
ゼウスやアリスなどの汎用性の高いモンスターだと結構楽ですね。
そうして極をクリアしていけば降臨の★6モンスターが揃いだします。
それらを育成していけばほぼすべての降臨をクリアしていくことが可能になるのです。
ガチャは最初のリセマラだけで大丈夫ですw

降臨ダンジョンで極をクリアしていればそのうちドロップします。

以下見つかったSSだけ。

9252833c.jpg
【降臨】バハムート 極でドロップ。

6cea176f.jpg
【降臨】スルト 極でドロップ。

33e26afb.jpg
【イベクエ】カーマ 上級でドロップ。

6bf76088.jpg
【イベクエ】アグニ 中級でドロップ。

5f6eecec.jpg
【降臨】バステト 極でドロップ。

a4292c55.jpg
【降臨】テュポーン 極でドロップ。

0d4e8c56.jpg
【降臨】モルドレッド 極でドロップ。

ccaac429.jpg
【降臨】リリス 極でドロップ。

a958f0a6.jpg
【イベクエ】フロッズ 上級でドロップ。


などなどなど。
まだまだありましたがこのへんで。
わざわざドロップするまで周回とかしていません。
初クリアのオーブ狙いとか、あまったスタミナとかで回ってただけで結構落ちてます。

無理して降臨の究極やイベクエの極を狙わなくてもけっこう落ちるんですよね。
しかも難易度はかなり下がります。
とくに究極と極は全然違いますしね。




このように、まずは極をクリアできれば★6モンスターをゲットできるというわけです!




極で★6モンスター(後述しますが水の3体)をゲットしたら
次に超絶のノーコンを狙いましょう。

超絶はコンテ不可の超高難易度クエストです。
コンテ不可なのでノーコンするしかありません。
しかし、その分手に入るモンスターはずば抜けて優秀で、ガチャで手に入るモンスターに引けをとらないどころかガチャモンスターよりも優秀なモンスター達がてにはいります。
現在三種類の超絶クエストがありますが、ひとまずここのクリアを目指すといいでしょう。


まず狙うのはイザナミです。
23acf8ab.jpg
火属性のダンジョンでの登場。
ステータスはバランス型で使いやすい。

アビリティはアンチ重力バリアとゲージショットでアンチワープを兼ね揃えており、自由自在に盤面を動きまわることが可能です。

ストライクショット
はメテオ系と呼ばれる追撃系で触れたモンスター全てに60万程度のダメージを追い打ちします。
ゼウスほどではありませんが、戦力に足る破壊力です。

友情コンボの反射レーザーはイザナミだけの友情コンボで、レーザーが壁に4回反射します。

83db688e.jpg
このように。
どこからでも狙いやすく強力な友情コンボです。
うまくレーザーを往復させるとかなりの大ダメージをたたき出せます。

この強力なモンスターがいれば水以外のダンジョンをかなり攻略しやすくなりますね!
これを手に入れるために必要な無課金モンスターが

クイーンバタフライ(神)
ティーガー(デスアーク)
ぬらりひょん(紀伊)

ちょいと厳しいが、ヨルムンガンド(イベクエ)と沖田総司

これらの降臨モンスターをゲットし、レベルを極、タスを最大まで育成すればイザナミ降臨にチャレンジ可能です。
fc2blog_201408040045198e2.jpg
実際にボクがクリアした時のSSです。
フレンドにテキーラを連れて行っています。
テキーラやナポレオンなどがよいです。




これでイザナミを手に入れることができるようになれば
次のクシナダにチャレンジできます。
382cbb0c.jpg
ステータスはスピード型らしく最大400を超えるスピード、
それを活かすピード型にしては高いHPと攻撃力が魅力です。

アビリティはマインスイーパーと鉱物キラー。そしてゲージショットで使いやすいアンチダメージウォールがつきます。
アンチダメージウォールは無課金ではかなり貴重。

ストライクショットは全員が一斉に動いて敵を攻撃します。
いわゆる号令系と呼ばれるストライクショットなのですが、クシナダの場合は仲間に触れずとも全員が動くところにあります。
さらにクシナダ自身の友情コンボも発動し、相性が非常に良いのでうまく当たると数百万のダメージをたたき出せます。

友情コンボはこれもクシナダオリジナルの友情コンボで、仲間との間に挟んだ敵にダメージを与えます。

39e5fc39.jpg
この緑のビリビリに触れているとどんどんダメージが入ります。
現状、うまく当てると最大のダメージを叩き出すことも可能。
弱点の上にうまく長時間ビリビリがのると数十万~数百万のダメージを出すこともあります。
ちょっと扱いは難しいですが威力は抜群。


と、クシナダは攻撃に非常に特化した作りになってますね。
特にストライクショットは本当に強力です。
仲間に当てなくていいので使いやすい。さらに威力も破格。
苦戦していたボスをあっさりワンパンしたりしたら感動モノです。

このクシナダを攻略するためにはイザナミが必須です。
例えばイザナミ×4でも攻略は可能。

他に神化した坂本龍馬を1体入れると攻略しやすいようです。
ボクは、ディルロッテとイザナミ×3で攻略しました。
d718b150.jpg
今のところはイザナミなしではクリアは難しそうです。
超絶の中でも別格に難しいのがこのクシナダ。
その分手に入れた時の強さも別格です。



こうしてクシナダを手に入れれば
次はヤマトタケル降臨にチャレンジできます。
3c1431d8.jpg
ステータスはパワー型だけあって攻撃力は高め。いやそんなに高くはないけど。
スピードがかなり遅めになります。
HPもそこまで高くはないので注意。

アビリティにはアンチワープ。さらにゲージショットでダメージウォールが付いて動きまわりやすくなってますが、スピードがおそいので重力バリアが出てくるところは苦手かもしれませんね。

ストライクショットはよくある貫通タイプになるタイプ。
ほんとにそのまま貫通タイプになっていつもよりは速い速度で動けます。
弱点を往復できればかなりのダメージになりますね!

友情コンボはワンウェイレーザーですが、敵に向かって自動的に方向を変えてくれます。
一番近くの敵に向かってうってくれるというすぐれものです。
2c2f26c7.jpg
このように。
どこにいても敵にダメージを与えられるのは素晴らしいですね。
敵の攻撃をよけつつ、どこにいても当たりさえすればレーザーです。
威力もなかなか。
ただし、シールドや狙いたい敵以外でも近くにいればそちらを狙ってしまうのが弱点ではあります。
なので、この3体の中ではちょっと扱いが難し目ではありますが、強力なのは間違いない。




このように、無課金モンスターを効率よく育てていくことで超絶クエストもクリアが可能です。

1、クイーンバタフライ、ティーガー、ぬらりひょんをゲットする。
コンテしてでもゲット。
タスカンまで育成する。

2,イザナミをゲットする。
1の三体を使ってノーコンする!

3,クシナダをゲットする。
イザナミをタスカンまで育ててマルチに参加するか、自分で2~4体育て上げる。

4,ヤマトタケルをゲットする。
クシナダをタスカンまで育ててマルチに参加するか、自分で2~3体育て上げる。
また、もう一体はアンチ重力バリアもちを入れておけばなんとかなる!



という流れがオススメの流れです。
余計なガチャ限のモンスターにタスをふったりしていると、結果的に攻略が遅くなってしまいます。
必要なモンスターを集中的に育てるようにすれば効率がいいですね!
これら3種類の超絶降臨モンスターがいれば、他の降臨も攻略しやすくなりますし、マルチにも参加しやすくなります。
ということで、最初に水系降臨を結構クリアしないといけないのでベルフェゴールやらユグドラシルとかギムレットとかリセマラでオススメですね。
もちろん属性選ばないゼウス、アリスがいれば早いですけどね。

次回は・・・なにか思いついたらこのシリーズをやりたいと思います!
とりあえずは超絶クリアまでのフローチャートでした。